試行錯誤を経て正解に迫る工程は、天職と思えるほどの楽しさがある。 社員インタビュー R&Dセンター 研究室 2015年入社 工学部物質工学科卒

試行錯誤を経て
正解に迫る工程は、
天職と思えるほどの
楽しさがある。

社員インタビュー
R&Dセンター 研究室
2015年入社 工学部物質工学科卒

技術者として新たな価値の創造に取り組む

大学では、有機化学に関わる様々な実験に没頭していました。物質名が伏せられた粉を筋道立てて分析する授業など、仲間たちと様々な意見を交わし正解を導き出していく過程が面白く、就職先には有機化学の可能性に迫るような開発に携わりたいと思っていました。
サンエー化研を選んだのは、フィルムという有機材料をベースに幅広く製品開発を行っているところに、大きな魅力と将来性を感じたからです。
入社後は希望していたR&Dセンター研究室への配属となり、軽包装材料部門の技術者として新たな価値の創造に取り組んできました。特に注力しているのが、耐内容物包材の開発です。刺激の強い工業用薬品はこれまで金属缶で保管されていましたが、それを袋の形状にすることで軽量化が図れ、廃棄しすく、環境にも優しい状態で保管できます。

想像を超える新たな成果が開発の醍醐味

お客様から寄せられる“こういう薬品に対応してほしい”というご要望に応えるべく、試行錯誤しながら突き詰めていく工程は楽しく、天職だと思うほどです。
また、性能を高める試験では自分の想像を超える新たな成果に結びつくなど、予想以上の展開に驚かされるのも開発の醍醐味ですね。
今後は開発経験の蓄積のほか、展示会などに足を運んでより多くの素材特性を学ぶなど、経験と知識の両面からお客様のご要望に応えられる人材を目指したいと思っています。